大人の遠足

温泉行きたいってずーっと言い続けてたけど、まぁボンヤリと皆でどっかに行きたいよねって感じで誰が何を決めるでも無く、どっか行きたいなー旅行行きたいなーって口癖の様に言っていた訳だが。

こやみーが「カニ食べに行こう!」って話を具体化してくれて、ずわい蟹が食べれる宿に行こう!北陸か?山陰か?どこだどこだ?うふふ。
なーんて言ってる間に宿がどんどん埋まって行き、宿が取れるとこで口コミが4以上の所で7人一緒に泊まれる部屋となると選択枠もググッと減り、こやみーが機転を利かせてサクっと予約を取ってくれたので何とか行ける事になったって位に予約が取り辛い状況にまでなっていた。

危ない、危ない。

結局目的地は丹後の夕日ヶ浦温泉で落ち着いた。

3月21日(土)
各地から集合するので、京都駅集合。
今回一緒に行くメンバーは全部で7人。主にWebなお仕事に関わっている人達。遠くは東京から、関西組では私が最西端。
いきなりJRが遅延してて冷や汗かいたけど、場所取りやら駅弁&ビールの買い出しを皆さんにお任せ出来たので遅延チームも無事合流。

特急はしだてで行くのだけど、連休だし最後の最後にカニツアーへ出かける人達が多いらしくって指定席が取れなかった。
こやみーリサーチのおかげで、自由席の最前列に並んで席をゲットー!
特急はしだて

大人の遠足の始まり、始まり。
駅弁とビール

このルートは普通に山陰線を通るので、私が高校&大学に通った通学路そのもの。
免許を取った自動車学校や良く立ち寄ったお店、中学校、通学路に使ったあぜ道なんかを懐かしむスタートとなった。
京都府から兵庫県に越して15年程立つので、一人でしみじみ。感慨深い。
はぁー、昔暮らした町をゆっくり車で訪れてみたい。

Wじゅんこさんからのお土産をキャッキャうふふで回しっこしたり、お喋りしたりしながらのんびり列車の旅。天気が良くて気持ち良い。

木津温泉駅に到着し、宿からのお迎えバスに乗ってチェックイーン。
宿の写真を一枚も撮ってなかった事に帰ってから気付いたね。ほほほ。

宿は「夕日ヶ浦温泉 佳松苑」さん。

お酒の買い出しがてらにちょい散歩したんだけど、その時に行った竪穴式住居(再現)の写真はしっかり撮ってあった。何故だ。
竪穴式住居

海岸線をブラブラーっと歩いた。
いつも波乗りしている浜詰海岸は、今日はドフラット。
浜詰海岸
お酒の買い出しして宿に戻った。
時間が変な事になってしまって、慌ててお風呂へ。
浸かるだけのつもりが、何か皆につられて全部洗ってしまったんだな、これが。
そんで、部屋の窓から見る夕暮れをほぼ見逃してしまった。
何故ほぼかと言うと、沈み切る直前に見たので数センチ分程度の夕暮れは目視したから。ほんと、かろうじて目視しましたと言う感じで。

18時から夕食開始。
カニづくしは食べ切るのに2〜3時間かかるらしい。

食べ始めてわかった。
うん、これは時間かかるわ。
単純に蟹食べるのにも時間がかかるし、お料理盛りだくさんだし。

蟹の刺身が甘くてビックリした。
うまー、うまー。

お喋りもほどほどに皆が皆、蟹料理と真剣に向き合ってたのが面白かった。

満腹でフヘーッてなった後、しばらく皆でお喋り。
仲居さんが布団を敷いてくれたので、後は風呂にもう一度入ろうが酔っぱらおうがすぐに寝ようがもう何でもOK状態。
少しお腹が落ち着いて来たので、お風呂へ入る事に。

さっぱりして部屋に戻った所で植木さんからのアメリカ土産が登場。
ってか、じゅんこさんったら皆へのお土産だけで荷物いっぱいだったんじゃないのかしら。ありがとうございます、ありがとうございます。
このアメリカ土産がですね。もう本当に大盛り上がりでですね。

何かと言うと、、、。

じゃじゃーん!!

マスク。
植木さんからのアメリカ土産
やばい、これ被り合いっこするだけで変にテンション上がる〜!!
ひゃーひゃー言いながらじゃんけんして誰が何にするかギャースカピーで選び合ったのでした。

大笑いした後はお酒やおつまみを引っ張り出してみんなであーだこーだお喋り。
あ、この間に「現場のかずお」スタンプの承認メールが来てた。
しかし、リリースは帰ってからで良いや。何の用意もしてないし。

1時近くまでお喋りして就寝。

3月22日(日)
7時過ぎになかしずが動いた。
どうやらお風呂に入りに行こうとしている。
その姿を見て、皆寝ぼけながらワラワラと「私も私も・・・・」ってついてった。

部屋が暑かったので、夜中に布団から足を出したり何だかんだしてて喉の調子が変。
お風呂に入ったら直った。

8時半位に朝食ビッフェへ。
各自思い思いの朝食を取って、もりもり食べた。
植木さんは仕事の関係で夕方までに東京へ戻らなければならなくなり、ひと足先に出発。ふぉ、淋しい〜。

お見送りをしてから、私達はまだしばらく部屋でウダウダ。
化粧する人も居れば寝る人も居たりで自由な感じ。

チェックアウトの時間になったので、部屋を出て少しお土産屋さん探索。
しかし、ここでガッツリ買うと後々観光の間中荷物が邪魔になるので誰も買い物せず。

電車の出発時間までにはまだ時間があるし、駅まで送ってもらう途中のお土産屋さんで下車。
顔出しパネルがあったので喜んで撮ったけど、後で見たらカニを食べて来ましたって書いてあったのね。
150322_01

地酒を量り売りしてくれるお店で皆お酒を買っていた。
我が家はお酒を飲まないので私は買ってないけど、皆の持ってる青い瓶が綺麗でちょっと羨ましかったな。

駅の目の前に咲いていた梅。
その下にてんこもりに生えていたつくし。はぁ、春だなぁ。気持ちよいなぁ。

北近畿鉄道に乗車。何と、一両のワンマン電車。渋い。

ワンマン電車
予定を全く決めていなかったものの、とりあえず日本三景だろって事で天橋立駅へ向かう。

観光協会でセットになったチケットを購入。
観光ルートも教えてもらって、汽船乗り場へ移動。
天橋立って目の前の道を何度も通過してるけど、ちゃんと観光するの初めてだ。

汽船からカモメに餌を投げている人達が居て、汽船後部がヒッチコックの映画みたいになってた。すごい、おもしろーい。
カモメ

対岸に着いて、お寺の中を抜けてケーブル乗り場へ。
ケーブルよりもリフトの方が楽しそうだったので、ケーブルは帰りで、行きはリフトに乗る!リフトに乗る!って張り切った結果、私が先頭だった。
調子に乗って後ろ向いてたら、スマホ落としそう。
リフト

どどーん。
ははーん、さてはこれがテレビとかで見かける例の天橋立か。
天橋立

傘松公園まで来たら、当然股から覗くよね。ね。
股覗き

かさぼうとかさぼう焼と天の橋立
かさぼうとかさぼう焼と天の橋立
この
着ぐるみは作りが良くてクオリティ高い。
特にかさの部分が良い。
そんでもってかさぼう本人の礼儀が正しいし、しぐさも可愛い。中の人のクオリティも高い。

天気が良いと、写真の中の人達も楽しそうに写るから良いな。
(実際ずっと楽しかったんだけど)
じゅんこさんも一緒にここへ来たかったな。
お土産買ってかわら投げして、ひとしきり遊んでからケーブルで下に降りた。
帰りの汽船では、典ちゃんにつられて私も餌を購入。
船でカモメとたわむれた。カモメの餌やり、超楽しかったー。

似た様な飲食店が立ち並ぶ中、そば屋で昼食。
ご飯を食べながら電車の時間を検索すると、何だかんだで時間が無い。

サクサクッとご飯を食べ、隣のお土産屋さんでダダッと購入し、ギリギリで特急券を購入して何とか電車に乗り込んだ。一駅で降りるチームなので立ってたけど、普通車両が一両しか無いので結構満員。大人の遠足してる人が多いんだ、きっと。

京都駅を目指すチームのこやみー&藤田さんとはここでお別れ。
お疲れさまでした!残りの旅路、お互い気を付けて!って感じでバイバイ。

大阪駅を目指すチームは普通で福知山まで行き、そこから特急に乗り換え。
どっちも座れて、いくらでも寝て良い状況だったんだけど、喋りっぱなしで帰った。
私のお喋りの巻き添えくらった典ちゃん、寝かせずにゴメン。

はー、美味しい楽しい旅だった。
皆さん、また一緒に行ってね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください