大好物

大好物のしらすがもらえるとわかった時のルルさん。

しらす大好き。くれくれオバケ。

このお皿をぺろりした後も、狙われ続けるしらす。

先日のパン祭りの時に焼いたバタールでしらすのブルスケッタよー。


春のパン祭り

突然パンが焼きたくなってプロフーズでリスドォル(フランスパン用の準強力粉)を大量に買い込み、ポーリッシュ種を仕込む。
これはブクブクしてからある程度の時間寝かすので、作るのは明日ー。
冬は時間かかるのよね。

ドライイーストには赤サフを使ってるのだけど、量を盛大に間違えて結局倍量仕込むことになってしまい、明日はパン祭りであーる。
久しぶりにやるとダメね。

さてさて。
翌日。ポーリッシュ種と本生地を混ぜてこねて折って。
こね上げ温度24度。
ちょっと固い気がしなくも無い。

発酵待ち。
パンチまでの時間になんのパンにしようか本を見ながらお絵かき。
この本は「フィリップ・ビゴのパン」。
私が勝手に師匠と思い込んでいるビゴさんのパン作りの本。良いよ、これ。

パンチ2回。
ガス抜きすぎた気がする。
何かもう、昨日からトータル色々ダメである。

クランベリーとkiriのチーズこねこね。

他のパンも成型したので、二次発酵タイム。

クープ(上部の切れ目)入れるのが下手すぎてだな。
クープじゃ無い所からバッキバキに裂けてるし。
クープの申し訳なさそうなパックリよりも、側面のバックリ裂け方の方が数段美味しそうだし。

お腹すいたので、ポトフと一緒にパーン。
焼きたてパーン。

くるみとチーズの断面。

クランベリーとkiriチーズの断面。

ふむ、やはり少々コシがありすぎるな。
フランスパンが家庭の電気オーブンでも上手に焼ける方法を教えてくれるパン教室に通いたい。

もしくは、ガスオーブン欲しい。


ご機嫌ななめ

フランスパンが焼きたくなって、プロフーズへ。
また散財して来てしまった。
ここ本当に楽しいよなぁ。
170202_03

帰ってきてポーリッシュ種を仕込んだら、赤サフ(イースト)の量を間違えて倍量仕込む羽目になってしまった。
明日が大変だー。

ルルさんがこのもふもふおもちゃに紐を結んだのでよく遊ぶので、一人遊びしてもらおうと思って壁に貼り付けたら・・・。
170202_02

何だか一気にご機嫌ななめ。
170202_01


ネットをかけてみたよ

7月8日(定植51日目)

今日も、雄花を5本切って人口受粉。2日連続で受粉させたやつはまだ早過ぎるけど、無理矢理ネットをかけた。
まだ下がくくれないので、意味が無い気もしてる。
160708_05

オクラがいいペースで実をつけてくれるようになった。
現在、オクラとトマトが長者状態。160708_04

静岡の晴正くんからしらすをいただきましたーん。
私もかずおくんもしらす大好き。
そしてルルさんも大好物。160708_01

昼に一人でフライングしてブルスケッタ。
160708_02

夜はしらすドーーーーン!!160708_03

ルルさんにもおすそ分け。嬉しそう。
160708_06

ごちそうさまでした!


最近ハマっているお菓子作り

パン作り、お菓子作りはぼちぼちペースで長年やっているものの、最近なぜか急にはまっているのがマカロン。

このマカロンは、明治のレシピで作っている。
http://www.choco-recipe.jp/milk/recipe/072.html
マカロナージュや乾燥の細かい事が書かれてないけど、それはクックパッドなんかでたくさん出て来るから、初心者向けのレシピを参考にした。
した割には、乾燥面倒臭くて最初に180℃で1分だけ焼いて表面を強制的に乾燥させて時短。

焼く前のマカロン生地

ちゃんとピエ(下のモコモコした部分の名前)が出来た。
それっぽい。
焼き上がったマカロン

ホワイトチョコレートで作ったガナッシュにドライクランベリーを刻んで入れて、少し冷ます。
程よい固さになったら、挟んで完成。パチパチ。
完成
オーブン庫内が広いので、どうしても焼き色にムラが出てしまうんだなー。

数日後に抹茶マカロン。
抹茶マカロン

今日のは焼き温度を低いままで少し長めに焼いてみた。

挟んだのは、抹茶チョコと普通のチョコを混ぜたガナッシュ。
普通のチョコの味が勝ってしまった。
完成

マカロン、卵白一個でたくさん出来て面白い。
アーモンドプードルをたくさん使うので、コスパは良く無い。
市販されているマカロンが小さい癖に高い意味が良くわかった。

もっと慣れて来たら、フリーズドライ果実の粉を混ぜたり、ガナッシュにあれこれ入れていたりして、アレンジバージョンを作ってみたい。