2019年になってしまった

2017年12月のカリフォルニア後、2018年3月に南台湾にもサーフトリップに行ってました。
トリップ記ブログに書く書く詐欺になってしまっている今日この頃。

2018年の夏は某パーティーの為に沖縄へ行き、その後慌ただしく海沿いのエリアに引っ越ししました。
この写真は数日前に近所の公園から見た、夕焼け空と海。

何やかんやあったんだけど、SNSに写真アップした時点でブログを書くまでに至らないっちゅーか何ちゅーか。(言い訳)

今年はもうちょっとブログ書こう。


カリフォルニアトリップへ行って来た

放置しまくっているな、このブログ。

2017年11月23日〜12月1日までカリフォルニアへサーフトリップに行って来たよ。
日記もメモもつけていないんので、写真を見返して行動を思い出す感じでしか書けないけど、ボチボチ書こうかな。
しかーし、最後まで書ける気がしない・・・。

中部国際−成田−サンディエゴのJAL乗り継ぎを利用。
行きはオーバーブッキングで、ななななーんと成田−サンディエゴ間がビジネスクラスへスイッチ。

こんな長距離でビジネスクラスなんてもう一生無い。絶対無い。

ルルさんに会えない淋しさを紛らわすために、ちっこいルルを連れて行ったのでした。(ルルさんは実家に預かってもらった)

写真まとめて、ゆっくりアップして行きまーす。


大好物

大好物のしらすがもらえるとわかった時のルルさん。

しらす大好き。くれくれオバケ。

このお皿をぺろりした後も、狙われ続けるしらす。

先日のパン祭りの時に焼いたバタールでしらすのブルスケッタよー。


春のパン祭り

突然パンが焼きたくなってプロフーズでリスドォル(フランスパン用の準強力粉)を大量に買い込み、ポーリッシュ種を仕込む。
これはブクブクしてからある程度の時間寝かすので、作るのは明日ー。
冬は時間かかるのよね。

ドライイーストには赤サフを使ってるのだけど、量を盛大に間違えて結局倍量仕込むことになってしまい、明日はパン祭りであーる。
久しぶりにやるとダメね。

さてさて。
翌日。ポーリッシュ種と本生地を混ぜてこねて折って。
こね上げ温度24度。
ちょっと固い気がしなくも無い。

発酵待ち。
パンチまでの時間になんのパンにしようか本を見ながらお絵かき。
この本は「フィリップ・ビゴのパン」。
私が勝手に師匠と思い込んでいるビゴさんのパン作りの本。良いよ、これ。

パンチ2回。
ガス抜きすぎた気がする。
何かもう、昨日からトータル色々ダメである。

クランベリーとkiriのチーズこねこね。

他のパンも成型したので、二次発酵タイム。

クープ(上部の切れ目)入れるのが下手すぎてだな。
クープじゃ無い所からバッキバキに裂けてるし。
クープの申し訳なさそうなパックリよりも、側面のバックリ裂け方の方が数段美味しそうだし。

お腹すいたので、ポトフと一緒にパーン。
焼きたてパーン。

くるみとチーズの断面。

クランベリーとkiriチーズの断面。

ふむ、やはり少々コシがありすぎるな。
フランスパンが家庭の電気オーブンでも上手に焼ける方法を教えてくれるパン教室に通いたい。

もしくは、ガスオーブン欲しい。


ご機嫌ななめ

フランスパンが焼きたくなって、プロフーズへ。
また散財して来てしまった。
ここ本当に楽しいよなぁ。
170202_03

帰ってきてポーリッシュ種を仕込んだら、赤サフ(イースト)の量を間違えて倍量仕込む羽目になってしまった。
明日が大変だー。

ルルさんがこのもふもふおもちゃに紐を結んだのでよく遊ぶので、一人遊びしてもらおうと思って壁に貼り付けたら・・・。
170202_02

何だか一気にご機嫌ななめ。
170202_01