母が!!

今朝、父が「○○病院の場所を調べてくれ!」と部屋に入って来た。
寝ぼけながら、何があったのー?と聞くと。
隣町で開催される社交ダンスのパーティーに出かけた母が怪我をして
今その病院に居るらしい。

保険証を持って慌てて出かけて行った父。

父に連れられて帰って来た母は、首から三角巾をつって、左腕を包帯で
ぐるぐる巻きにされていた。
本人はいたってあっけらかんとしていて、「腕折れたー。」と笑っている。
手術した方が良いらしいから、ベッドが空いてたら明日から入院するわー。
5日間位は入院するらしいけど、と。
「明日美容院行ってくるね」的に話す。

折った時の状況を話しながらケタケタ笑い、「折れたもんはしゃーない。」と
話す姿は、まるで自分を見ている様だった。

その後、片腕に慣れていない母が、コケて和室の襖に顔を打ち付けている姿を見た。

危ない母

その後、顔からズルズルと崩れて倒れた。
危ない!二重骨折するって!!!
母が動くたびに、危ない事しやしないかと目で追ってしまう。
少しだけ、かずおくんの気持ちがわかった瞬間。

本人はケロッとしてるのが救い。

話は変わり。
先日注文していたジェルネイルのピンク色が届いた。
イングリッシュピンクと言う名前だったので、勝手に上品な色だと思っていた。
開けてみると、蛍光ピンクか?と驚くほどの明るさ。
ジェルネイルのピンク色

せっかくだから使ってみたら、意外にしっくり。
久々にスカルプで長さを出した。(3mm程度)

ネイル
まだラメグラデしかしていないので、徐々にゴテゴテにして行こうかな。


絵日記でブルーな気分を表現

昨日の日記にも書いたけど、パソコンの動きが不穏になり
データが壊れてしまった。

金曜日(今日)に必要なデータだったので。
どっと冷や汗。
徹夜してやったのに。
どうにもこうにも。
原因はバージョンアップとかページ辺りのボリュームとかフォントの入替えとか
色々考えられる。そして私以外の誰のせいでも無い。
FWのエラー報告画面とか出てたので諦めるしかない模様。

もうどうにもならない事がわかったので、復旧作業。
ひたすら黙々と。
やるしか無いのでひたすらに。

ひたすらカタカタ

そしてまたパソコンに不穏な動きが
いやな予感は

!!!

的中。

ブルースクリーン

知ってる人は知っている
一部の人は良く出会う(出会いたくない)
死のブルースクリーンと呼ばれるエラー画面。

フリーズ

しばし固まった後

顔面蒼白

画面と同じ顔色になって
ついでに気持ちまでブルーになって

うあぁぁぁ

もう嫌だーとか騒いだ後(一人で)
電源ボタンを落とした。

壊れようが何だろうが。
電源切るしかないし。
日頃から、パソコンはいつ壊れても仕方ないと思っているので
もう2度と立ち上がらないかもしれないと思いながら再起動。

すると、システム復旧してくれた様で、とりあえず治った(?)っぽい。
と言うか、新しいハードウェアかソフトを入れた事に問題があるとか。
考えられるのはひとつ。
バージョンアップだ。
もうパソコン買い換えたいよー。
ぐずぐず。
と言ってる時間も無かったので。

やるしかない。

ひたすら

夜中の3時半。

無事完了。
パチパチ。


冬になると繰り返す事(絵日記)

今日からまた冬型の気圧配置になって、風ぴゅーぴゅー。
明日は昼からなかちんと、極寒の瀬戸内に入る予定。

冬になると、ロフト部屋は意外と暖かい。
ヒーターは、余程でないとつけない。
ホットカーペットの上にこたつ(つけない)だけで十分。

kurikaeshi1.gif

こたつが嫌いと言う人も多いけど。
私、大好き。日本の冬って感じ。
冬はついつい、こたつでぬくぬくと仕事してしまう。

kurikaeshi2.gif

そして、猫もこたつが大好き。

kurikaeshi3.gif

お腹が空いた時とトイレ、そして少し暑くなった時にだけ、

kurikaeshi4.gif

こたつから出て行く。

kurikaeshi2.gif

しばらくすると戻って来て、

kurikaeshi5.gif

必ず私の顔を見て「ニャー。」

kurikaeshi6.gif

布団を開けると

kurikaeshi7.gif

当然の様な感じで入って来る。

kurikaeshi8.gif

私が居ない時や、寝ている時は、勝手に出入りしているのに。
これも猫流の甘え方らしい。

kurikaeshi2.gif

そして、これは

kurikaeshi3.gif

猫が遊んで欲しい時にも無意味に繰り返される。

kurikaeshi6.gif

暑くなって出て来た時も、こたつ布団からは離れないんですけどねー。
ふごごー。
P1010462.jpg

 


ふと思う事(絵日記)

我が家は昔から良く「お茶しよー」と召集がかかり、皆でティータイムをする。
姉が嫁に出てからは、昼さがりは母と2人が多く、夜は家族全員で。
なので、私は外出すると茶菓子を買って帰る習慣が身についてしまっている。

今日も昼、夜共にティータイムをしていて。
母と喋っていた時の話。

haha1.gif

私が話している真っ最中に

haha2.gif

相槌を打っていた母が突然声をあげたかと思うと

haha3.gif

喋り始める。

haha4.gif

私の話は終わっていないどころか、途中も良い所。

haha5.gif

自分の喋りたい事を喋り始め、私が聞く側に。
良くある事なので、驚かない。
たまに話す気力が失せるけど、慣れているので腹は立たない。

そして、こーゆー時にふと思うのが・・・・・・。

haha6.gif

たぶん私も同じ事やってんだろうなぁって事。